ダイエット主婦の食事はひと味違う

 

脂肪と糖質は肥満につながる

最も効果的に太るためには、脂肪と糖質を同時に食べることです。
ディナーの最後にアイスクリームを食べたり、炭酸飲料でハンバーガーを流し込んだり、天ぷらを食べた後に甘味屋に寄ったり・・・
こんな食生活を続けていたら間違いなく肥満になります。

 

 

甘いお菓子やジュースは、血糖値を素早く上昇させてインシュリンの分泌を強く刺激します。
この状態で脂肪分の多い食べ物を一緒にとると、体の中で脂肪の蓄積が進むのです。

 

 

ご飯やパンも糖質の仲間ですが、ご飯に比べて小麦粉を加工したパンは消化吸収が早いので、食後のインシュリン反応がご飯よりも強くなります。
そのため体脂肪の合成を高める力が強くなりますから、ダイエット中はパンを食べるならご飯を選ぶようにしたいですね。
脂肪分の多い食事をした後は、甘いものを食べるのは止めにしましょう。
フルーツを食べたいなら生のまま食べます。
フルーツジュースは、フルーツの糖分のインシュリン分泌刺激力が強くなるので、ダイエット中は控えたほうがいいでしょう。

冷たい食事よりは暖かい食事を選ぶ

冷めてしまったが牛肉のハンバーグと、温かいしゃぶしゃぶを食べた場合、ダイエットに向いているのは暖かい方です。
食事をすると熱星さんが促されて、皮膚の温度が上昇することになります。
最初の体温上昇は食べ物を噛んで味わうことによって自律神経が刺激されるためで、その後は食べ物の炭水化物や脂肪、たんぱく質などが消化吸収されて、全身の組織で退社される過程で生じるます。
この熱生産反応は.食べ物を暖かくして食べるとより強くなります。
温かい食べ物がエネルギーの消費を促すということですね。
コンビニ弁当を食べる場合でも電子レンジで温めてから食べる方が蓄積されるエネルギーは少なくなります。
ダイエット中なら温かい食べ物を常にとるようにしたいですね。

辛いものは代謝が上がる

ダイエットをしている人で唐辛子の小瓶を持ち歩いている人がいます。
米唐辛子を持っているということですね。
辛いものをたくさん食べると、体が熱くなります。
カプサイシンで口の中の痛覚を刺激して、脳中枢を活性化させて皮膚温度を瞬間的にあげるのです。
エネルギーの代謝を促進する即効性の効果があるので、辛いものを食べるのはダイエットには効果的なのです。

 

 

韓国料理も注目されていますが、普段食べている気持ちでカプサイシン効果があるからです。
お蕎麦を食べる時も唐辛子を入れて食べると、唐辛子なしで食べたときと比べて体の温度の上がり方が違います。
刻みネギを加えるとよりいっそう温度が上がって、ダイエット効果が高まります。

バランスのとれた食事は太る

容姿が考える理想的な食事の栄養バランスが、炭水化物が60% 、脂肪が25% 、たんぱく質が13%です。
毎日の献立もこの数字で組み立ててしまいがちですが、食事を栄養バランスだけで考えるのは太る要因になります。

 

 

筋肉を鍛えている人は、食べ物からとったアミノ酸をリサイクルして、ご飯やイモからタンパク質をどんどん作ります。
骨の鉄のコラーゲン部分がどんどん作られれば、コラーゲンから離れたカルシウムは再びコラーゲンに結合して何度も骨作りに戻されます。

 

 

タンパク質合成の低い人は、牛乳などを飲んでもカルシウムは骨作りに利用されません。
そのまま尿で最大に出されます。

 

 

栄養学で教えてもらうバランスの良い食事、これを3食繰り返していたら肥満体になりやすくなるのです。

ダイエット中でもお酒が飲みたい

アルコールは高カロリーですから、ダイエット中は飲まない方がいいと言われます。
でもアルコールは体温の放熱を促すので、お酒自体のカロリーをあまり問題にしなくてもよいようですね。
問題になるのは脂肪分の多いつまみや飲酒後のラーメンやお茶漬けを食べることで、これが肥満に繋がり易いと考えられます。

 

 

お酒を飲むと炭水化物も体脂肪として蓄えられやすくなるのです。
お酒を少々飲んでも、脂肪分や炭水化物を控えていればすぐに太る事は無いのです。

 

 

アルコールには食欲増進効果があるので、飲酒は肥満の原因として考えられますが、大酒のみの人はスリムな体型の人が多いですね。
アルコールをたくさん飲むので満腹になり、食事を食べずに終わってしまう人が多いのです。
だからといってお酒をたくさん飲めばダイエットできるかといえばんなこともないです。
体の健康を阻害して病気になる可能性が高くなりますからね。

サプリメントのダイエット効果

飲んでから運動するとエネルギー代謝をあげたり、体脂肪の分解を促したりする効果があるとされるアミノ酸飲料が人気があります。
運動直後に摂取すると筋肉増強効果が得られるとされるプロテインも、ダイエットをしている人は気になるところですね。

 

 

サプリメント商品のほとんどは食品成分から出来ていて、飲むだけで筋肉がついたり痩せたりするという事はありません。
運動が必要なのです。

ダイエットの難しさ

食後の熱エネルギーが大きく出るダイエットに向いているオイルが注目されています。
3食の食事の調理に利用するのは難しいので、実際の効果はわかりません。
内職天ぷらを食べるような人がいれば効果はあるかもしれませんけどね。
同じように人工甘味料でダイエットに成功したという人は少ないです。

 

 

紅茶には人工甘味料を使ったから、景気を少し余分に食べても大丈夫という具合に、ある事を我慢したので別の事を我慢しなくなると言う行動になります。